HOME > e-Tax 〜 自宅で!オフィスで! どこでも申告・納税 〜

e-Tax 〜 自宅で!オフィスで! どこでも申告・納税 〜

 電子納税では、国税の納付手続を自宅やオフィスからインターネット経由などで電子的に行うことができます。従来のように金融機関の窓口まで出向く必要がないため、金融機関の場所や受付時間などの制約がなくなる、というメリットがあります。

 ただし、電子納税では、領収書は発行されませんので、領収書が必要な方は従来どおり、窓口に納付書を持参して納付を行ってください。

e-Taxの運転状況・利用可能時間(国税庁のHPが開きます)

国税庁からのお知らせ

e-Taxをご利用の際のパソコン推奨環境

e-Taxの利用に当たり、e-Taxソフト(WEB版)については、ハードウェア、オペレーティングシステム(OS)及びWWWブラウザに関して、次のような環境を推奨しています。推奨環境とは、国税庁において動作を確認した環境です。

ハードウェア

  • CPU:Pentium4(1.6GHz)以上(又はその相当品)
  • メモリ:512MB 以上
  • ハードディスクドライブ(HDD):2GB以上の空きエリア
  • 画面解像度:1024 × 768以上

※サポートが終了しているOS等を含め、下記以外は推奨環境外となりますので、使用できないおそれがあります。
※WWWブラウザは32bit版をご利用ください。
※OSについては、いずれも日本語版であることが必要です。
※OSには、最新のサービスパックを適用した上でご利用ください。
※インストール・アンインストール・バージョンアップを行う際には、管理者権限が必要となります。

Windowsをご利用の方

Windows XPにつきましては、これまでe-Taxの以下の機能において推奨環境(※)としておりましたが、平成26年4月9日をもって、Microsoft社におけるメーカーサポートが終了することに伴い、推奨環境外となりましたのでご注意ください。
※推奨環境とは、国税庁において動作を確認した環境です。

  • e-Taxソフト
  • e-Taxソフト(WEB版)
  • e-Taxの開始(変更等)届出書等作成コーナー
  • 源泉徴収票等作成ソフト
OS ブラウザ PDF閲覧
Windows Vista Internet Explorer 8
Internet Explorer 9

Adobe Reader X

Adobe Reader XI

Windows 7

Internet Explorer 8
Internet Explorer 9
Internet Explorer 10

Windows 8
※「デスクトップモード(国税庁HPが開きます)」
の場合に限ります。
Internet Explorer 10
  • Microsoft Windows Vista、7、8及び Internet Explorer 8以降をご利用の方は、留意事項(国税庁HPが開きます)をご確認の上、e-Taxをご利用ください。
  • (注2) Microsoft Windowsの64bit版をご利用の場合、e-Taxソフトをご利用になれない場合(国税庁HPが開きます)がありますので、ご注意ください。

Macintoshをご利用の方

Mac OSをお使いの方が電子申告等データをe-Taxに送信する場合には、JAVAの設定が必要となります。

OS ブラウザ PDF閲覧 Java VM
Mac OS 10.6 Safari 5.1

Adobe Reader 9

Adobe Reader X

Adobe Reader XI

Java for Mac OS X 10.6(※)

※平成24年10月16日にApple社からリリースされたJAVA6のセキュリティーアップデート(Java for OS X 2012-006)を適用したMac OS10.7及び10.8では、一部の機能が正常に動作しない事象が確認されております。

e-Taxについて、詳しくは下記ページをご覧ください。

国税庁 e-Tax特設ページ

↑topへもどる