HOME > 消費税の軽減税率制度

消費税の軽減税率制度

消費税の軽減税率制度について

社会保障と税の一体改革の下、消費税率引上げに伴い、低所得者に配慮する観点から、「酒類・外食を除く飲食料品」と「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞」を対象に、平成31年10月から消費税の「軽減税率制度」が実施されることになりました。

  • 対象品目はどのようなもの?
  • 事業者にはどのような影響があるの?
  • どんなサポートがあるの?

など、事業者の方にも消費者の方にもご覧いただきたい内容が、政府広報オンラインや国税庁HPで掲載されています。
詳しくは、政府広報オンライン 『特集 消費税の軽減税率制度』(外部リンク)、または、国税庁 『消費税の軽減税率制度について』(外部リンク)をご覧ください。

軽減税率対策補助金について

軽減税率対策補助金とは、消費税軽減税率制度(複数税率)への対応が必要となる中小企業・小規模事業者等の方々が、複数税率対応レジの導入や、受発注システムの改修などを行うにあたって、その経費の一部を補助する制度のことです。

複数税率対応として、2つの申請類型があります。

  • A型 複数税率対応レジの導入等支援
  • B型 受発注システムの改修等支援

申請はいつでも受付可能です。
申請サポートもありますので、詳しくは、軽減税率対策補助金事務局 『軽減税率対策補助金』(外部リンク)をご覧ください。

青色申告会へ入会する

↑topへもどる