確定申告のための大切なお知らせ

確定申告期限の延長に伴う当会の対応について

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のための申告期限延長に伴い、所得税確定申告書に関する作成指導回数制限(1会員3回まで)についても3月31日までに延長します。

申告書作成指導は東京税理士会武蔵府中支部のご協力により行います。

なお、4月1日~4月16日につきましては、原則予約にて弥生会計の指導及び決算記帳指導は行いますが、確定申告書の作成及び提出は税務署にて行っていただきます。

何卒よろしくお願いいたします。

確定申告期(2020年1月6日~3月31日)は、予約制による指導が中心となります。

※確定申告期間延長に伴い、ご予約の際の注意事項に変更がございます。ご留意ください。

ご予約の際の注意事項

  • 1/21(火)~3/31(火)は、指導回数が予約制・当日受付順合わせて1会員3回までとなります。4回目以降は1回につき3千円がかかりますのでご了承ください。(※確定申告期の延長に伴い、指導回数制限がある日程が3月16日(月)までから3月31日(火)までに延長されました。ご了承ください)
    2回目以降の予約は1回目終了後可能となります。
  • 予約可能な日程は、1/6~3/12、3/17~3/31です。3/13~3/16に限り、来局による当日受付順となります。お気を付けください。
  • また、以下に該当する方は予約の際にお伝えください。
    ■株式の売買について申告が必要な方
    ■足の不自由な方等配慮が必要な方

その他ご案内

  • 税務署から申告書に代えて、「確定申告のお知らせ」が送付されます。来局の際は必ずご持参ください。
  • 駐車スペースが限られているため、出来るだけ公共交通機関をご利用ください。尚、2/17~3/16は駐車場の利用が出来ません。

ご予約はこちら

2020年1月6日~3月31日の事前予約指導日程(pdf 662kb)

予約のお電話は、
042-362-8608まで。

確定申告書には、マイナンバーの記載が必要です。

申告者の方の本人確認書類(親族が代理で来局も可・コピー可)

マイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちの方

マイナンバーカードだけで、本人確認(番号確認と身元確認)が可能です。

マイナンバーカード見本
マイナンバーカード見本

マイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちでない方

下記2種類の書類が必要です

  1. 番号確認書類…ご本人のマイナンバーを確認できる書類
    • 通知カード
      (制度開始当初、全戸に配送された郵送物)
    • 住民票の写し又は住民票記載事項証明書
      (マイナンバーの記載があるものに限ります)

    などのうちいずれかひとつ

  2. 身元確認書類…記載したマイナンバーの持ち主であることを確認できる書類
    • 運転免許証
    • 公的医療保険の被保険者証
    • パスポート
    • 身体障害者手帳
    • 在留カード

    などのうちいずれかひとつ

事業専従者・扶養親族がいらっしゃる方

確定申告書に事業専従者・扶養親族のマイナンバーを記載する必要があります。
下記「家族情報の登録用紙」を印刷しご記入の上、申告時にご持参下さい。

マイナンバーカード又は通知カードのみをご持参いただいても結構です。
事業専従者・扶養親族の方の身元確認書類は必要ありません。

家族情報の登録用紙(pdf 202kb)

当会について知りたい青色申告会へ入会する

更新日:

TOP

© 2007-2020 公益社団法人武蔵府中青色申告会 (Powered by CLIC)